ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 装備のお手入れ | main | ひたすら整備 >>
2017.10.19 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.08.31 Sunday

昔話 〜その2〜

080831_2309~01.jpg
おばんでございます〜、だいぶサボってしまってスミマセンでした..m(_ _)m
今日は以前7月30日にお伝えした昔話の続きをUPしようかと思います。

ここ最近バイクネタがなかったってのもそうなんですが、菅生のレース&鈴鹿のテストが思うように行かずモチベーションが下がり気味なので、昔を思い出し初心に戻って頑張ろう!と言う魂胆の方がデカイです。

ナニハトモアレ、はじまりはじまりぃー。



・・・2002年の春、高校を卒業し希望と共に上京した鎌田少年18歳は東京科学芸術専門学校(現TMC)の、2輪学科に入学したのでありました〜。

上京したての頃はとにかく東京の水と空気のマズさに馴染めず、最初の数週間は歯磨きのウガイにすらミネラルウォーターを使っていた事を覚えています。。

学校に通い始めてからは割とスグに、回転寿司屋でほぼ毎日アルバイトをやったりしてましたね〜。
この時自分は大体夜の6時頃からラストの12時頃までのシフトで入っていたので、店長がレジ閉めをしているスキを見て最後に回っている廃棄確定の寿司を、もう一人のおっちゃんと共にレーン丸ごとたいらげるという夢の様な晩飯ライフを送っていました。。(^_^;)


で、肝心の学校生活についてなんですが…
レーシングライダーを目指す自分が思い描いていた授業の内容とは、あまりにかけ離れているという事に入学してから気づいて愕然としてしまいました。。
なぜってフタを開けてみると、走行実習が年に2回しかなかったんです!(ちなみに現在のTMCは、そこそこ走行実習があるみたいです…)
確かその頃のパンフレットには「レーシングライダーコース」って書いてあった様な気が・・・。


さすがの田舎モンの自分にも、こんなんじゃライダーになんかなれない事くらいはスグに分かりました。けど、だからといってどうしていいのかは分からない。。


とにかくバイクに乗って練習しなきゃと思えど、最初の一年分の学費を払ってもらったので学校には行かないとマズイ、そうすると乗る時間は土日しかないし、乗る為のお金を作る時間も限られて来る…。


そんなこんなで上京した最初の年は、土日のどっちか走りに行ける時だけカートコース(主にイワイサーキット)に行きミニバイクで練習するといったスタイルで、走行技術もさほど進歩しないまま時間が過ぎていく感じでした。正直かなり焦っていました。。
(ちなみに上の写真は当時のイワイのコースライセンス)


そしてこの現状を何とかせねばと思っていた年明けの冬、手探りでもいいから自分自身でライダーへの道を見つけないと後悔するなと思い始め、悩みに悩んで一年生が終わると同時に学校を自主退学する事を決意したのでありました。

それまでほぼ遅刻・欠席もなく真面目に学校に通っていた自分がいきなりやめると言い出したので、講師の方々はかなり驚いてましたね。
特に担任の先生には「やめて成功したヤツは今まで一人もいない」などと何度も説得され、頻繁に授業中に呼び出されては個人面談をした記憶があります。。(って、実はその先生が今の学校長だったりして…)

先生以外に親にも説明と謝罪をしたりなんだかんだ色々ありましたが、最終的にはみんなに納得してもらい?学校をやめる事となりましたー。



こうして迎えた2003年は、一年前とはうって変わって不安で一杯の、フリーターでの春となりました・・・。



〜つづく〜

















2017.10.19 Thursday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR